メルマガ発行しています「HEALING LOVE LETTER」

オーラ・エネルギーの浄化法 瞑想ほか10選

purify-oura

こんにちは。BBSHヒーリング@HEALING LOVEの岩本幸子(イワモトユキコ)です。

プロ・ヒーラーを10年ほど行っていて、その間多くの方をヒーリングするので、自身の健康管理のためにおこなっているオーラの浄化方法について、10選ご紹介したいと思います。

どの方法も私自身が実際に試して効果のあったものばかりですので、ぜひ試してみてください。

ちょっと心が重い、カラダがだるい、などの症状の改善、また、ヒーリングの後疲れてオーラのエネルギーが曇っている時やなんとなくすっきりしない時にも役立つ浄化の方法をご紹介します。

岩本幸子 プロフィール

オーラ・エネルギーの浄化方法 瞑想ほか10選

オーラは、通常、どの層もとても美しく輝いています。

しかし、人ごみの中を歩いたり、何か自分の気と合わないところに行ったり、エネルギーの低い人に逢ったり場所に行ったりすると、オーラの中に曇りや濁りが生じることがあります。

すると、何となく体がだるかったり、すっきりしない感じがします。

そんな時は、オーラのエネルギーが少し停滞し始めているのです。

軽い濁りなら、お風呂に入ったり、運動するとなくなっていきますが、重く苦しい濁りの場合、そのエネルギーが停滞してしまうと、カラダに不調を及ぼしますので、気になった時にはすぐに浄化をして取り除きましょう。

オーラとは?

オーラは、私たちのカラダに7階層くらいあるエネルギー体で、肉体に近いほど、振動は低くなり、また、オーラの外側の層になるほど振動は速くなります。

人のオーラは、カラダからだいたい50cmから80cmくらいの大きさです。

オーラは、一般的には7層の階層で構造化されています。

  • 第一層 エーテル体
    肉体の強さと関連しています。青白く輝く色をしています。運動をたくさんしている方は、このエーテル体がしっかり強く輝いています。
  • 第二層 感情体
    この層は感情と密接に関係しています。いろいろな色が存在している層です。喜怒哀楽の感情が、この層には美しい色となって表れます。そのため、悲しいと暗っぽいブルーの色、怒りは赤黒い稲妻のような色、喜びはカラフルな輝くような色、楽しんでいるときははじけるような明るいポップな色が文字通り見て取れます。
  • 第三層 メンタル体
    この層は、思考と密接に関係しています。黄色に輝く色をしています。歪んだ考え方をもっている時には、この層に歪みが生じます。
  • 第四層 アストラル体
    この層は愛と関係しています。またアストラル界(冥界、霊界)とのつながりを感じる層でもあります。この層は愛を感じていると、美しいローズ色で輝いています。
    また、他人との関係もこの層からを通して愛を交換しています。
  • 第五層 エーテル・テンプレート
    この層は第一層の鋳型となっています。人の肉体の完全な構造の情報が存在するそうです。青白い層の中に白い線のような光で構成されています。
  • 第六層 セレスチャル体
    この層は天使や神とのつながりを感じる層です。よく宇宙を見たり、大自然を見て神聖な気持ちになるときに、この層とのつながりを強く感じています。色は美しいパールがかったカラフルな色です。
  • 第七層 コーザル体
    この層は人の最も高いスピリチュアル(霊性)を感じる層です。神との合一を感じるのもこの層です。色はとても美しい金色に輝いています。

オーラは、一般的には目に見えないのですが、敏感な人もそうでない人もオーラを何となく感じて過ごしています。

友人や家族が、幸せそうだとか、悩みがありそうだとか、隠し事をしているとか、なんとなくわかったり、感じたりするのは、実は、このオーラのエネルギーの状態を察しているのです。

健康な人は、オーラが曇りなく輝いていて、エネルギーがとても健康的に循環しているのを感じることができます。一方で、病気や怪我をしている人は、オーラの中に黒っぽい陰りが見えて、エネルギーの循環が悪くなっています。症状が重いほど、オーラの陰りは強くなります。

 

また、肉体的に何も症状がなくても(未病の状態)、オーラには異変が見えることがあります。実は、私たちの肉体が病気をする以前に、オーラのエネルギーの状態が先に曇ったり、濁ったりしだすのです。

自分がいつも健康で、オーラのエネルギー的にも清浄でいることは、幸せでいるためのとても大切な要因の一つです。

また、私たちのようなプロのヒーラーやセラピストは、日常的にたくさんの方、特に病気や問題を抱えている方にお会いすることが多いので、オーラを浄化する方法をいくつか持っているととても助けになります。

オーラの浄化の瞑想

オーラを浄化する瞑想方法もあります。

YouTube動画 17:18 音声有

  1. 目を閉じて、呼吸に意識を集中します。
  2. 自分のオーラを内観して、どこが調子が悪いのか、曇りがあるのか、淀んでいるのか見つけます。
  3. 深呼吸を繰り返して、リッラクスして、優しく眉間に第六チャクラ(サード・アイ)に意識を向けます。
  4. 眉間に上向きの三角をイメージします。
  5. その中心に、真珠のような光があるのをイメージします。
  6. その光がだんだん大きくなっていきます。
  7. そして、オーラの不調がある場所に、その光を集めていきます。
  8. オーラの不調のあるところが、だんだんとその白い光で包まれて、浄化され、きれいになっていくのを感じていきます。
  9. 全身のオーラがきれいになったら、ゆっくりと、現実世界に戻っていきます。

慣れれば数分でできる浄化方法ですので、一つ覚えておいてくださいね。

 

お塩での浄化

お塩は、シンプルで、副作用もなく、比較的安価で、誰でもとても簡単にできる浄化方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

1.浄化にお勧めのお塩は?

まずは、浄化用のお塩を選びましょう。

お塩には、大きく分けて、海塩と岩塩があります。海塩は、海からとれるお塩。そして岩塩は山からとれるお塩です。
岩塩は、山の中で、岩のように固まったものを発掘したものです。そのため、まだ地中でお休みの状態のお塩です。一方、海塩は、山から雨に乗って、海に流れ着いて、さんさんと太陽の光を浴びた状態のお塩で、完全に目が覚めている状態なのです。

そのため、浄化に使うには、「海塩」を使うとよいでしょう。

1.お勧めのお塩(その1)「死海の塩」

死海の塩

なんといっても、浄化力No.1が、この「死海の塩」。文字通り、死海からくみ取られた海水から作られた塩です。

ミネラルが豊富なためか、とても浄化力が強くて、入浴剤として使うと、オーラが一瞬ですっきりします。また、美容力も高く、オイルと混ぜてマッサージに使っても、少量で肌がすべすべになります。

少し高価なのが難点ですが、一般の塩に比べると格段に効果が高いので、一度使ってみるのもいいかと思います。

2.お勧めのお塩 その2 なるとのうずしお 清め塩

清め塩

国産海塩でコスパがいいものがご希望の場合は、こちらがおススメ「なるとのうずしお 清め塩」。

これは、もともとは盛り塩用のお塩のようですが、パワースポットからくみ上げた海水を使用しているためか、とても浄化力の高いお塩です。

「鳴門の渦は病を飲み込む」といわれる場所からの海塩だと感じられるようなパワフルな浄化用のお塩です。

3.お勧めのお塩 その3  エプサム・ソルト

エプソム・ソルト

入浴には一押し!「エプソム・ソルト
これは、いわゆる塩化ナトリウム(塩)ではないのですが、硫酸マグネシウムという天然由来の塩で、豆腐のにがりの成分でもあります。
カラダを温める効果が高いので血流が上がり疲れが取れやすくなります。またマグネシウムが豊富なため、筋肉痛や腰痛肩こりなどにも効果があって、夜、お風呂にこのエプソム・ソルトを入れて、ゆっくり入浴した後は、かなり筋肉がリラックスしてとても楽になります。
また、肌もすべすべになりますよ。
日本ではあまり聞かない名前ですが、海外、特にアメリカに行くとどこのお店に行っても安く手に入る入浴用塩です。
最近は、日本でも売られるようになって良かったです(以前は海外から輸入するしかなかったのです。涙。)。

2.お塩の浄化方法

では、お勧めのお塩をご紹介したところで、次は、浄化方法をご紹介します。
今回ご紹介する浄化方法は、比較的手に入れやすく、とても簡単なものばかりです。

身体がなんだかだるくなったり、気持ちが落ち着かなかったり、気分が沈みがちだったり、そんな時にもとても役に立ちます。

1.塩湯(お塩のお風呂)

  1. 湯船にお湯を張り、コップ1,2杯の塩と、もしあればコップ1杯の重曹(なくても可)を入れて、よく撹拌して溶かします。(お塩は、海塩のほか、エプソム・ソルトでも大丈夫です。)
  2. 20分以上(可能なら2時間程度)、湯船につかる。

食品添加グレードの重曹


塩湯はとても浄化力があるので、お風呂上りはだるく眠くなるかもしれませんが、ゆっくり睡眠をとって、休んでください。翌日体のだるさや重さが嘘のようになくなります。

もし、オーラが曇って、なんとなく気分がすぐれない日が長く続いているようなら、塩湯を毎日続けると良いでしょう。身体もぽかぽかとてもあたたまるので、数日から1か月くらいで、好転してくると思います。

2.塩マッサージをする

 

  1. 塩を取り、水を加えてペースト状にする。
  2. できたペーストを、だるさや違和感があるような体の気になるところ、チャクラ、全身にぬりぬりマッサージをする。
  3. 足の裏、手のひら、天頂にもチャクラがあるので、塩ペーストをぬって優しくマッサージするとよいです。
  4. 外傷があるところは、しみるので、怪我が治ってからにしましょう。
  5. 目や粘膜のそばも避けます。
  6. 塩マッサージは、ごしごしこする必要はありません。やさしく円を描くように時計回りに滑らかにマッサージをする感じです。
  7. 軽くマッサージしたら(可能なら20分ほど置いて)、あとはお湯で洗い流します。

塩マッサージも、体調がすぐれない、オーラがすっきりしない日が長引くようなら、連日続けるとよいです。

また、ヒーリングのお仕事が立て込んでいて、疲れがたまった時なども何日か連続で続けると、かなり身体が楽になります。

エンパス能力が強いヒーラー・セラピストの方やアストラルに親和性が高い方は、特に自分メンテナンスは重要です。アストラルに親和性が高い方も、塩湯、塩マッサージはアストラル体の浄化にもなります。

アストラル浄化が必要なときには、一日だけではなく、塩濃度を高くして、数日から1か月ほど続けてみてください。時期に、浄化されると思います。

 

ソルフェジオ周波数をもった音叉を使った浄化方法


オーラは、それぞれが振動しているので、音を使っても浄化することができます。

特にソルフェジオ周波数という、特定の周波数帯は、オーラのみならず体の不調も取り除くとされています。ソルフェジオ周波数は、特にグレゴリオ聖歌の持つ神聖な周波数帯を指し示しているといわれています。

これらの特定の周波数帯は、今までの科学者の研究からも、体や心の状態を愛や平和の状態に調和させる効果があるといわれています。

ソルフェジオ周波数の音楽を聴くのもいいのですが、もうちょっと直接自分のオーラに働きかけると更に効果が倍増します。その場合は、ソルフェジオ周波数の音叉を使うといいです。

音叉は、音器のチューニングをするので有名ですが、クリスタルを浄化することもできますので、使い方を応用して、ご自分のオーラや体が不調なところに使い浄化していきます。

最近、音叉でもソルフェジオ周波数を奏でるものが販売されていますので、それを使われるといいでしょう。

音叉の音は倍音で振動していきますので、自分のオーラを浄化するたびに、部屋も同時に浄化されていきます。

ソルフェジオ周波数については、こちらのページ(▼)で詳しく紹介していますので、もしご興味がある方はご覧ください。

ヒーラーのDNAを活性化する528Hzソルフェジオ周波数

 

マントラを唱える

これは私が良くやる方法なのですが、ご自分のマントラをお持ちの方は唱えると、オーラのみならず周囲がすべて浄化されていきます。

マントラは真言と言われ、宇宙の真理をサンスクリット語にしたものです。

唱えるとその効果は絶大で、

「墜落しそうな飛行機の中で、たった一人の人がマントラを唱えると、その飛行機に乗っていた人全員が助かる」

とも言われています。

マントラは短いものでも十分に効果があります。(長いマントラを唱えなくても大丈夫です。)一つ、お気に入りのマントラを、心を込めて唱え続けることで、その効果は徐々に表れてきます。

 

ヤントラを使う

マントラを図形にしたものがヤントラと言います。

世界的には、シュリ―・ヤントラがとても有名です。シュリ―・ヤントラは、マントラ「オーム」を図形にしたものと言われています。

このシュリ―・ヤントラは本当に万能のヤントラで、オーラのみならず、体調が不調な個所に触れておくだけで、回復へと導いてくれます。
シュリ―・ヤントラを、オーラの曇りを感じる個所に触れておいておくだけで、自然に楽になっていきます。

 

フラワー・エッセンスを使う

フラワー・エッセンスとは、お花の持つ波動を水に転写した波動水です。

ものすごくたくさんのフラワー・エッセンスを試した中で、フィンドホーンのこの二つのフラワー・エッセンスが最も効果が高かったです。

フラワー・エッセンスは、通常は数滴服用して、エネルギーのバランスを整えるものですが、また、オーラの浄化にも使えます。

スプレーで、しゅしゅっと一吹きするだけでオーラの停滞している個所が簡単に浄化されていきます。

また、サイキック・プロテクション(エネルギーの保護)にも使えます。
他人からのエネルギー攻撃や、エネルギー・ヴァンパイアなどの被害を受けていてオーラが傷ついてしまっている方には、フラワー・エッセンスはとても助けになってくれることでしょう。

またヒーリング前後の部屋の浄化にも使えます。

 

精油を使う

精油は、花や樹木やスパイスなどのエッセンスを蒸留や抽出したオイルです。とても良いにおいがします。精油もオーラを浄化してくれます。

他人からの霊的な被害を抑えるには、フランキンセンスの精油をお勧めします。たくさんの精油を試しましたが、最も純度の高いこのドテラのフランキンセンスが最も浄化力が高かったです。

フランキンセンスは、古代エジプト時代から寺院で祈りや瞑想のために焚かれたという精油ですので、除霊的な低い波動のエネルギーを浄化するのにとても強力な力を発揮してくれます。

海外のアロマテラピーの治療家の中では、このフランキンセンスの精油の浄化力を使って、がんの治療をしているほどです。

アロマ・スプレーを使って、エタノール+水で希釈した精油を自分のオーラや部屋に一吹きするだけで一瞬にして浄化されます。

また、アロマ・デフューザーを使って、部屋中に香りを充満させても、オーラだけでなくヒーリングした部屋も浄化されます。

 

クリスタルを使う

もしお手元にクリスタルをお持ちなら、そのクリスタルを優しく握って、オーラの調子が悪いところに触れさせてください。

クリスタルは、白いクリスタル(水晶)か、黒水晶、スモーキィー・クオーツなどの黒っぽい水晶は特に霊的な浄化力を強く持ちます。

また、クリスタルは使った後、満月の日に月光浴をさせて、浄化させてあげてください。効果が倍増します。

 

ホワイト・セージやお香でいぶす(スマッジング)

ネイティブ・インディアンが使用していた方法です。
よく乾燥したホワイト・セージやインセンス(お香)を焚いて、その煙をオーラにかけると浄化されます。

とても強力な方法なのですが、どうしても部屋がくさくなるので、ベランダや庭で行うようにした方がいいです。

 

食事にも気を付ける

これは直接的な浄化の方法ではないのですが、オーラは、肉体と一つのものです。
そのため、オーラだけを強化しようとすなら、肉体が強くなれば、またオーラも強くなります。(汚染されなっくなります。)

普段の食事で、ジャンクフードや砂糖をたくさん含むものを食べると、どうしても波動が落ち、オーラも弱くなっていきます。

甘いものの代わりに、栄養価が高い卵をたくさん摂るようにしましょう。卵を一日5個から10個くらい食べられるようになれば、数か月から一年くらいで、カラダがしっかりしてきますので、オーラもまた強くなっていきます。

エネルギーが敏感すぎる場合は、普段の生活も大変になってしまいますので、ぜひ食事を気を付けてください。

 

まとめ

私が10年間の間で、実際に試してみて有効だと思ったオーラ・エネルギーを浄化方法をご紹介しました。

  1. 瞑想
  2. 塩浄化
  3. ソルフェジオ周波数音叉
  4. マントラ
  5. ヤントラ
  6. フラワー・エッセンス
  7. 精油
  8. クリスタル
  9. ホワイト・セージやお香でスマッジングする
  10. 食事

いつも幸せで、心も体も軽くいられるために、自分メンテナンスはとても大切な要因です。どの浄化方法も絶大なので、なんとなくオーラがすっきりしない時にぜひ試してみてくださいね。

もちろん、プロのヒーラーの方も、これからヒーリングをどんどんやっていきたい方も是非ご活用くださいね。

また、浄化に懲りすぎて、あまり潔癖にならないことも大切です。
最終的には、汚いものも受け入れて、きれいなものと同じくらい価値があると認めていくと、時期にオーラ自体の波動が強くなり、汚染される度合いも少なくなっていきます。

とはいえ、日常的なメンテナンスは大切なので、ぜひご活用ください。

 

皆様が、いつも幸せで、活力に満ちていられること、
そして、大好きなヒーリングを通して愛をたくさんの方々に伝えられるようになることを

心よりお祈り差し上げていたいと思います。

たくさんの感謝と愛をこめて。

 

オーラが弱くなっていると、電磁波にも過敏になりがちです。そんな時は物理的にアースを引いて対策しましょう。かなり違いますよ。

こちら(▼)にパソコンでのアースの引き方についてやり方をまとめています。

パソコンの電磁波はアースで劇的に改善する

 

人間関係で、エネルギー・ヴァンパイア的な人やクライアントとの間に消耗した時の対処法はこちらの記事(▼)にまとめてあります。ご参考までに。

依存してくるクライアント様と健康的な精神的境界線を保つには 紹介先医療機関情報(ヒーラー向け)

 

 「HEALING LOVE通信」に登録すると、ブログ更新情報&素敵なお得な情報をメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」を送信してください。

登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です