資格取得可エネルギー・ヒーリング通信講座(オンライン動画)はこちらをクリック

DNAを活性化する528Hzソルフェジオ周波数【ヒーリング音楽】

solfeggio-528Hz

こんにちは。BBSHヒーラー@HEALING LOVEの岩本幸子(イワモトユキコ)です。
ソルフェジオ周波数というのをご存知ですか?
グレゴリオ聖歌などで代表される癒しの波長をもった周波数(9,10つあります)のことを差します。

このソルフェジオ周波数は、私たちのチャクラやオーラ(これらも振動している)に共振を与えて、疲労回復させたり、睡眠を深くさせたり、元気にしたり、エネルギーの浄化の効果があったりします。

今日は、そのなかで、DNAを活性化して、ヒーリングにもつながる、自己変容(自分をポジティブに変える)に使えるお勧めのソルフェジオ周波数をいくつかご案内したいと思います。

DNAを活性化する528Hzソルフェジオ周波数【ヒーリング音楽】

ソルフェジオ周波数とは?

キリスト教徒の方でなくても、美しい讃美歌や聖歌に心洗われるような経験をしたことがあると思います。

讃美歌や聖歌というのは、歌謡曲とは違って、神への純粋な祈りを歌に込めたものです。その純粋な祈りを持つ特定の周波数がソルフェジオ周波数と言われています。

ソルフェジオ周波数は、特にグレゴリオ聖歌の持つ神聖な周波数帯を指し示しているといわれています。

これらの特定の周波数帯は、今までの科学者の研究からも、体や心の状態を愛や平和の状態に調和させる効果があるといわれています。

よくモーツアルトを胎教で聞くといいとか、聞いたことがありませんか?病院や歯医者のバックグラウンド・ミュージックでモーツアルトを流しているのもこのためです。

モーツアルトやグレゴリオ聖歌などの持つ独特の愛の周波数は、聴いているだけで私たちの身体にその振動が伝わり、精神的な問題や病気の症状が改善するというものです。

実際に、水にソルフェジオ周波数を聴かせてその結晶を確認してみると美しい六角形を示すのだそうです。六角形は、愛の図形。愛は、全てのものと調和した状態でもあります。そのため、愛のあるところには、問題は存在しなくなります。

ソルフェジオ周波数の愛の振動が、六角形の愛の図形を形成し、がんや病気などのエネルギーの歪みが、愛と調和し、消滅していくのは、どこか理にかなっている気がします。

その音楽的効果を利用して、一般には、音楽療法なども広く行われていますし、ソルフェジオ周波数を使って、がんなどの病気の治療を行っている科学者もいるのだそうです。

ソルフェジオ周波数についてもっと詳しく紹介しているサイト

魂を揺さぶる衝撃!ソルフェジオ周波数に秘められた真実

ソルフェジオ周波数

ソルフェジオ周波数は、いくつかの周波数帯があって、私たちのカラダにあるエネルギー・センターであるチャクラの持つ振動周波数とも関連しています。(チャクラもオーラも常に振動しています。)

そのため、ソルフェジオの各周波数が、私たちのカラダ、オーラ、チャクラに共振して、バランスを崩している状態を回復するヒーリング効果が期待できます。

ソルフェジオ周波数(Hz) 効果 対応するチャクラ チャクラの場所 チャクラの色
174 苦痛の軽減
285 多次元領域を知覚した意識の拡大と促進をする
396 罪・トラウマ・恐怖からの解放 第1チャクラ 会陰
417 マイナスな状況からの回復、変容の促進 第2チャクラ 仙骨 オレンジ
444 がん細胞を死滅させる
528 理想への変換、奇跡、DNAの回復 第3チャクラ みぞおち 黄色
639 人とのつながり、関係の修復 第4チャクラ 胸骨
741 表現力の向上、問題の解決 第5チャクラ 甲状腺 空色
852 直感力の覚醒、目覚め 第6チャクラ 眉間の間 藍色
963 高次元、宇宙意識とつながる 第7チャクラ 天頂(百会) 白(紫)

私も、実際に528Hzのソルフェジオ周波数を聴いていると、ストレスや考えすぎが軽減して、とてもリラックスしていくのを体験しています。

自己変容に助けになるソルフェジオ周波数

それでは、疲労回復を助けて、ヒーリングにもなる自己変容にお勧めのソルフェジオ周波数をいくつかご紹介したいと思います。


▲528Hz 自己治癒力を高める 前向きな変容を起こす

528Hzのソルフェジオ周波数は、DNAを修復し、奇跡を起こす周波数とも言われています。

ヒーリングの際に、自分の中のパワフルな自己治癒力を使えるようになりたい方や、ヒーラーとしての自分をもっと前向きに変容させたい方には、このソルフェジオ周波数はとても助けになると思います。


▲528Hz DNA修復 前向きな変容

ヒーラー自身、トラウマを経験している方も多いと思います。

トラウマの経験は、カラダの各臓器の中に感情と一緒に記憶も残っていることが多く、深いトラウマになるとDNAにも影響を与えるものです(家族のトラウマを繰り返すのはその通りなのですが)。

実際にヒーリングの際に、トラウマがある第3チャクラ(みぞおち)に声で音を出しながらヒーリングすると、とてもよくヒーリングが効きます。ソルフェジオ周波数528Hzには、第3チャクラと同じ周波数帯なので、更に効果が期待できます。

このソルフェジオ周波数528Hzは、DNAを修復してくれて、前向きな変容を起こすのを助けてくれます。

▲639Hz 純粋な愛のエネルギー ハートチャクラを活性化する

ヒーリングにはどのチャクラも大切ですが、その中で一番大切と言えるのはやはりハートチャクラではないでしょうか?

ハートが開いていると、その瞬間に愛が広がり、恐れや不安などは一瞬で払拭されてしまいます。

このソルフェジオ周波数は、ヒーラー(あるいはクライアント)のハートチャクラを活性化させてくれるものです。

ヒーリングが終えた後に、リラックス・タイムで聞いてみるのもおススメです。


▲639Hz リレーションシップ(人間関係)の調和:愛と前向きなエネルギーを引き寄せる。古い否定的なエネルギーと痛みを癒す。

リレーションシップの調和は、何も恋愛に限ったものではありません。

人と人の関係もまた、一つのリレーションシップです。他人との間に、違和感や不調和の感覚があると感じた場合、それは一見、他人が持ってくるエネルギーのように感じるかもしれませんが、実は、自分自身もまた同じエネルギーを抱えているものです。

他人は、そのエネルギーを思い出させてくれているのです。他人との間に感じる否定的な感情や感覚をこのソルフェジオ周波数639Hzを使ってヒーリングして、常に自身の中に愛の感覚を見出していきましょう。


▲417Hz 全てのネガティブなエネルギーを取り除く。417Hzのヒーリング周波数。肯定的なエネルギーを増加させる。

人間関係で少し重い人と付き合わなければならない方もいらっしゃるかもしれません。重い人間関係が増えてくると、自分自身の前向きなエネルギーを維持するのが難しくなる時があります。

そのような時には、自分を少し休めることが必要な時間です。417Hzのソルフェジオ周波数で、カラダやオーラにたまったネガティブなエネルギーを取り除きましょう。

第2チャクラを活性化させ自身の前向きなエネルギーを蓄えていきましょう。(第2チャクラは、免疫力を上げてくれる働きをします。)


▲ソルフェジオ周波数852Hzと963Hz 松果体の浄化と第3の目を開く。

この二つのソルフェジオ周波数は、第6、第7のチャクラが優しく開くことを助けてくれます。また天界とのつながりを思い出させてくれることでしょう。

第6、第7チャクラが開いてくると、とてもサイキックな情報も受け取れるようになってきます。直感が冴え、インスピレーションを受け取りやすくなります。チャネリングも上達するでしょう。

一方で、もともとサイキックな能力を持つ方やヒーラー、チャネラーになる方は、サイキック過ぎて松果体が疲れることもあります。

その時は、このソルフェジオ周波数でバランスを取るだけでなく、第1チャクラとのつながりをもう一度感じることも大切です。

第6、第7のような上位のチャクラが優位な人は、大地を感じ、グラウンディングし直すことがエネルギーをより良く循環させるためにとても役に立ちます。実際に森林の中で瞑想をすることもとても助けになります。

こちらの記事(▼)で、グラウンディングの練習方法をご案内しています。ご参考までに。

グラウンディング(地に足をつける)とは その重要性とタイプ別練習方法

まとめ

ソルフェジオ周波数にはいろいろな周波数帯があることがわかりました。

そして、その周波数帯によって、関連するチャクラも理解できたかと思います。

ソルフェジオ周波数を上手に利用することで、音楽の共振作用で、チャクラを活性化し、知らず知らずに抱え込んでいる重いエネルギーを浄化していきましょう。その過程の中で、少しづつ自分と、自分のDNAの活性化を止めているトラウマやネガティブな感情や思考を手放して、自己変容を進めていきます。

自分自身を抑制しているものがなくなれば、もともと持っている能力は最大限に発揮されるようになっていきます。

そして、最終的な人類最大のゴールは、「自分」と「他人」という枠を乗り越えて、お互いを無条件に愛していくことです。

この美しいゴールに向けて、自己変容を遂げるためにも、自分の内面に向き合って、もういらないと感じるネガティブな感情や、思考、エネルギーを手放していきましょう。

自己変容を続けていくと、今まで私たちが考えていた物質世界のみが現実だという考えよりももっと大きな純粋な愛の世界へ、とても自然な形で導かれていくようになっていきます。

私たちが恐れ、不安になり、憤っていることはすべて、小さなエゴの抱える他愛もないイメージだということにも気が付くようになっていきます。実際には、「全てが愛である」という真実に完全に開ききるまで、私たちのプロセスは続いていきます。

人生で起こる問題を良くしようなくそうと闘うところから、「全てが必要なこと」だという理解へと導かれていきます。でも、決してそれを頭だけで理解するのではなく、しっかりと一つ一つ感情を感じて受け入れていくことが必要になります。

人生にショートカットはないのです。なぜなら、神様はあなた自身なので、決してだましたり取引したりすることはできないのです。

病気も、簡単でない人生の問題も、全てが、私たちを唯一「真実」へと導いてくれるものです。ヒーリングで起こるすべての変化に導かれるまま、そのプロセスを信頼し、ゆっくりでもいいので進んでいくと、間違いなく「愛」を自分自身の内側に見出すことができるようになります。

最後に

10年以上のヒーリングの経験をもとに感じていることでなのですが、自己変容を進めていくと、ある時、「自分の本質は愛じゃないか」と気づくときが来ます。

ヒーラーであっても、そうでなくても、その「真実」に気が付くときが来るのです。

もし、あなたがヒーラーであったなら、間違いなくクライアントをその「真実」まで導いていけます。

表面だけを取り繕うヒーリングではなく、ヒーラー自身が自分の内側に「真実」を見出しているからこそ、できることなのだと思います。

プロのヒーリングの道は他のプロの職業と同様に、決して簡単ではないですが、でも、同時に素晴らしいのは、ヒーラー自身が確実に「真実」に導かれることだと思います。

ヒーリング・セッションをより楽しく、クライアントとヒーラーとで、純粋な愛を探しに行く時間へと変わると、ただ病気や怪我を治すというものより一段と深いセッションを提供することができるようになりますね。

そのために、ヒーラー自身もソルフェジオ周波数を利用して、自分の中の愛の感覚やハートの浄化、ポジティブな変容を促していることは、本当に助けになります。ぜひ、心もカラダもとてもリラックスするソルフェジオ周波数を楽しんでくださいね。

ヒーリングは、クライアントとヒーラーの関係の中にある意識とエネルギーを「無条件の愛」に変換していく作業です。一見、大変そうな問題であっても、その中にある「真実」「愛」にまっすぐに向かうことで、物事の本質とは何かという部分に、最終的には出会っていきます。

プロのヒーラーとして活躍し続けることは、実際には、クライアントの人生の課題をサポートしているようで、実は、自分自身が抱えている課題に向き合っていくようなものです。自分とクライアントは鏡なので、クライアントの抱える問題もまた、ヒーラー自身に関係しているものなのです。

そして、病気や人生で抱える課題もすべて、最終的には課題の中に「真実の愛」を見出すことですべてが改善していきます。病気や問題は、私たちの小さなエゴの部分、インナーチャイルドが抱えている間違った思い込みや否定的な感情に関連しています。それらの否定的な思い込みや感情を手放していくとそこに現れるのは、どんな人の中にも「無条件の愛」なのです。

クライアントの抱えている問題を通して、病気を治す、問題を良くしていくということに向き合えば向き合うほど、クライアントの中にもまたヒーラーの中にも同じ、真実は「唯一無二の愛の存在」だということを常に思い出すことができるようになります。ヒーラーか、クライアントか、その両方が、その真実に気づいた時、問題ですら消えてなくなっていきます。

そのような変容を助けてくれるある特定の周波数帯があります。その一つがソルフェジオ周波数で、クライアントの浄化変容の助けになるだけでなく、ヒーラー自身の浄化と変容をも助けてくれ、ヒーラーの(あるいはクライアントも)ハートの中に無条件の愛を感じることができるようになるのです。

どうかあなたが、いつも、恐れずに、愛に向かって進んでいけますように。
いつも幸せでありますように。
神の恩寵を与えられますように。
たくさんの愛をこめて。

ヒーリングが好きで、プロのヒーラーとして活躍したい方は、自己変容にコミットすればするほど、他のヒーラーにはまねできないヒーリングを提供することができるようになります。そしてリピーターが増えていきます(▼)。

これからプロのヒーラーになりたい方、プロのヒーラーとして活躍している方、少しずつゆっくり、自分と向き合って、お客様が離さないヒーラーになっていきましょうね。頑張りましょう。

稼げるヒーラーになるには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です