資格取得可エネルギー・ヒーリング通信講座(オンライン動画)はこちらをクリック

ヒーリング通信講座(1)基礎編を受講中の方から頂いたご質問と回答

ヒーリング通信講座(1)受講者様からの質問回答集

こんにちは。BBSHヒーリング@HEALING LOVEの岩本幸子(イワモトユキコ)です。

ヒーリング通信講座(1)基礎編の受講者様から頂いたご質問をまとめてご紹介します。

ご質問をいただき次第、随時、まとめています。

こちらのページに記載がないご質問は、どうぞお気軽にご質問ください。

ヒーリング通信講座(1)基礎編

ヒーリング通信講座(1)基礎編を受講中の方から頂いたご質問と回答

質問一覧

ヒーリング講座(1)基礎編受講者様から頂いたご質問の一覧です。

質問をクリックすると回答欄が開きます。

受講者様からのご質問一覧

回答

受講者様からのご質問一覧

ヒーリングの原理の説明で、エネルギーの状態を示していた図がありますが、そもそもエネルギーとは何なのかが分かりません。

人のカラダに流れているエネルギーは、例えると電気のようなものです。そのエネルギーは、主に食事から生み出され、カラダを動かす原動力となります。

「エネルギーとは何か?」についてですが、とてもわかりやすく例えで説明しますね。

人間の肉体が、導線、または水道のホースのイメージだと考えてみてください。

その間の中に、電気とか、水とかが流れています。

その流れがエネルギーです。

パソコンでも、スマホでも、電気がないと動きません。

人間のカラダも同じで、生体エネルギーという電気のようなものが流れていないと動かないのです。

死んだ人には、そのエネルギーが流れていないので、動きません。生きている人だけが、生体エネルギーが流れているので、動けるのです。

エネルギーの源は主に食事

では、人のカラダに流れるエネルギーはどこから来るのか?というと、中学生か高校生の時に、ATP回路とかクエン酸回路とか習ったかと思います。

私たちの体の中では、食事からタンパク質、糖質、脂質などからATPという生体エネルギーを生み出しています(代謝機能)。

その食べ物から生み出されたATPという生体エネルギーが、電気のようにカラダには流れているのです。

ヒーリング講座の中では、その生体エネルギーのことを総称してエネルギーと呼んでいます。

病気とエネルギーの関係

一方で、病気になっているところは、電気の流れ(あるいは水の流れ=生体エネルギーの流れ)が悪い部分です。

例えば、導線が折れたり、裂けたりすると、うまく電気が流れません。

それと同じで、人間のカラダで具合が悪い場所というのは、生体エネルギーがうまく流れないのです。

逆にいうと、生体エネルギーが流れないと、数か月後には、病気になります。

そこで、ヒーリングをすると、その具合の悪い部分の生体エネルギーの流れを改善することができます。

ヒーリングは、導線の折れ、割け、曲りなどを治すような感じですね。

導線が治れば、電気はうまく流れるようになります。

この説明で、ご理解いただけたでしょうか?

もし、まだほかにもわからないようでしたら、いつでもご質問ください。

私も勉強になりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です