無料動画ご招待中「ヒーラーのためのスピリチュアル・マーケティング動画講座」

「自分の商品価値を最大限に高めるには」

こんにちは。BBSHヒーリング@HEALING LOVEの岩本幸子(イワモトユキコ)です。

ヒーラーのためのスピリチュアル・マーケティング

6.完璧主義のヒーリング⑤ 「自分の商品価値を最大限に高めるには」


動画時間 43:57

この動画は、動画サイトVimeoにてレンタルまたはご購入いただけます。

 

レンタル・購入プラン

 

閲覧には、別途Vimeoの無料アカウントが必要です。

動画の内容

  • 自分の商品やサービスは、①自分だけができる、②お客様にニーズがある、③誰にでもできる、④お客様にニーズがない、のどのポジショニングにいるのか?
  • 商品サービスが、どうしたら①自分だけができる、②お客様にニーズがある、ポジショニングに移動するには?
  • お客様が本当に欲しいものは?まず自分がその状態にたどり着くこと
  • エゴを手放す
  • 自分の中の無条件の愛の状態が、お客様が本当に欲しいものを提供できる

商品価値と報酬との関係

一般的に、商品価値が高ければ、報酬は高くなります。逆に、商品価値が低ければ、報酬は低くなります。

商品価値とは、お客様のニーズが高く、そのニーズを満たすものは多くの人が欲しがるので、値段が高くなります。多くの方に求められるもので、世界に一つしかない、この人しかできないといった提供する数が少なければ、価値は高くなります。

(ヒーラーとしての)商品価値を高めるには

自分にしかできない商品やサービス(例えばヒーリング)があって、お客様がどうしてもお金を払ってでも受けたいと思われていれば、セッション料は高くてもお客様はいらっしゃるでしょう。

逆に、誰にでも簡単にできる商品やサービス(例えばヒーリング)で、お客様が興味がないことはお金をいただくことはできないでしょう。

(ヒーラーとしての)商品価値を高めるには、自分だけしかできない商品やサービスで、なおかつ、お客様のニーズを満たせるものを目指すことが大切です。

商品価値の高い商品やサービス(ヒーリング)を提供できるようになるには

自分自身のヒーリングを高めることが大切です。自分自身のヒーリングを高めるには、誰にもまねできないような深いヒーリングを提供できるようにヒーラー自身が変化していくことが大切です。自分のヒーリングを極めていくことが大切になります。

ヒーラー自身が深い変容を経験していくからこそ、深いヒーリングができるようになります。ヒーラー自身が自分の中に「真実の愛」を見出すことができると、同時にお客様もまた、そのヒーラーと一緒にいるだけで「愛」を感じることができるようになっていきます。「愛」を見出せれば、変化が起こっていきます。

お客様の最も深いニーズに気づく

全てのお客様が持っている最も深いニーズは、自分の中にある純粋な愛、自己の神性な部分を取り戻していくことです。

つい病気を治すとか、症状を改善することにばかり目を向けていると忘れがちなのですが、お客様の中の純粋な愛を体験することができると、ほとんどすべての方は、とても感動し、これ以上幸せな状態を得ることができるようになります。病気や症状を怖れているのは、エゴの狭い了見でしかないので、それを超えた至福を自分の内側に感じることができると、全ての恐れから抜け出すことができるようになります。

その、最も深いニーズを与えられるヒーラーになることが、一番な気がします。

誰もが本当は安心したい

売ることに意識を向けすぎるとわからないのですが、買う側の立場になった時に、実は、「安心」を感じて買いたいのです。

お客様の潜在的なニーズを満たすためには、先ず売り手側の「心が安心で満たされて」いることが何よりです。

価値を高めようとして完璧を目指さない

自分の商品やサービス(特にヒーリング)の価値を上げることは、完璧を目指すことではないです。ありのままの自分(自分の本質的な愛)を提供できるかどうかを目指すことが大切です。

常に真実に向かうことができるか、神聖な愛をお客様の中に見出すことができるか、そんなサービスを提供できることが、ヒーラーとしては最高だと思います。

 

ヒーリング動画を楽しんでください。どうもありがとうございます。

動画ご視聴どうもありがとうございます。

他の皆様の参考のためにも、ぜひぜひ、感想・ご質問・ご意見・リクエストなどのコメントをお残し下さい。

いただいた貴重なご意見は今後の参考にしたいと思います。

皆様からの温かいコメント、心よりお待ちしています。

「HEALING LOVE通信」当サイトの最新情報&お得な情報をメールにてお届けしています。

登録ボタンを押して「空メール」を送信してください。

登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です